目黒雅叙園に行ってきた #和の明かり2019

f:id:titellied:20190818014020j:plain

camera: PENTAX K-70+smc PENTAX-DA18-55mm/F3.5-5.6AL Ⅱ

 気がついたらブログを1ヶ月以上放置していました。生きてます。全然更新していなかったのに、時々アクセスカウンターが反応していてビビります(ありがとうございます)。

 1ヶ月間も何をしていたかといえば、卒論を進めたり資格試験の勉強をしたり、ここには載せられない写真などを撮ったりしておりました。載せられないとはいってもあれですよ、浴衣姿の同期と後輩とかですよ。やましいやつでは断じてないです。花火を見たりプールに行ったり、まさに学生最後の夏って感じですね。

 

 花火大会に期限切れの写ルンですを持っていったら、ほとんど写っていませんでした。10ウン年モノのISO1600はやはり厳しかったか。悲しい…。

 

 

 写真サークルにも入っている友人が目黒雅叙園に誘ってくれたので、お互いカメラ片手に遊びに行ってきました。

www.hotelgajoen-tokyo.com

 

f:id:titellied:20190818014029j:plain

camera: PENTAX K-70+smc PENTAX-DA18-55mm/F3.5-5.6AL Ⅱ

 現地は若人でごった返しておりました。チームラボとかアートアクアリウムとか大盛況らしいですが、この類のイベントに参加したのは実は初めてだったりします。

 

f:id:titellied:20190818014035j:plain

camera: PENTAX K-70+smc PENTAX-DA18-55mm/F3.5-5.6AL Ⅱ

 団扇白飛びしてますね。人がわちゃわちゃ多いところで露出を気にする技量がまだありません、もっとスピーディに状況把握できるようになりたい…。オートブラケットとか使えばいいのかしら。

 

f:id:titellied:20190818014040j:plain

camera: PENTAX K-70+smc PENTAX-DA18-55mm/F3.5-5.6AL Ⅱ

 これ、襖なんですよ。

 

f:id:titellied:20190818014046j:plain

f:id:titellied:20190818014052j:plain

camera: PENTAX K-70+smc PENTAX-DA18-55mm/F3.5-5.6AL Ⅱ

 来場客は浴衣の方も多かったです。私はTシャツにジーンズで行ったのですが、友人に「浴衣着てきてくれればよかったのに〜〜〜〜ポトレ撮りたかったあ」と言われてしまいました。反省しました…。

 しかし戦場は過酷でした。この2枚はめちゃくちゃ腰を落として撮影しております。この姿勢は浴衣ではできないぜ…。結果的にはTシャツジーンズで正解だったのかなあと思っております。

 

 

 暑いわ階段登るわ人多いわでかなりエネルギーを消費しました(でも楽しかったよ!!)。無理な姿勢を取らないように、ベストスポットを占領しないように…周りに気を遣いながら撮影するって難しいですね。こういった観光スポットで周囲に目を配れることもまた技術なのだと思います。さらに、そんな状況でも理想の画角、適切な露出を導き出せるには相当な経験が必要なのでは…???? ますますたくさんカメラを持ち出さねばいかんなあと思った私でした…。

お知らせ

 FILM LOVERS(@WeAreFilmLovers)様の企画、「今回のフィルム。『FUJICOLOR C200』」に参加しております。

 

www.filmlovers.info

 

 Nikon FEにFUJICOLOR C200を詰めて撮った写真を3枚載せていただいております。他の参加者の皆様の作品も素晴らしいので、ご興味のある方は是非ご覧ください。

ばらの花

f:id:titellied:20190630233139j:plain

camera: Nikon FE+Ai Nikkor 50mm/F1.8 film: FUJICOLOR C200

 梅雨だから当たり前なんですけれども、最近天気が悪いですね。この先1週間は晴れないと聞いたのでわりかし憂鬱です。

 

f:id:titellied:20190630233205j:plain

camera: Nikon FE+Ai Nikkor 50mm/F1.8 film: FUJICOLOR C200

 FEが修理から帰ってきてすぐはちょうど薔薇の季節だったので、試写フィルムでは薔薇をたくさん撮っておりました。 薔薇は華やかでつい撮りたくなるのですが、写真を見返してみると切なくなるのは私だけでしょうか。

 

f:id:titellied:20190630233211j:plain

camera: Nikon FE+Ai Nikkor 50mm/F1.8 film: FUJICOLOR C200

 もっと早く出しても良かったとは思うのですが、薔薇の写真って初夏よりも梅雨入りしてじめじめした頃に眺めたくなります。

 

f:id:titellied:20190630233159j:plain

camera: Nikon FE+Ai Nikkor 50mm/F1.8 film: FUJICOLOR C200

 …くるりの聴きすぎですかね。

 

 

 

 


くるり - ばらの花

 

 

緑の電話が恋しい

緑の電話が恋しい AMはもう切り替えた

冷たいギターのリフが ただ寂れた団地に降り注ぐ

 

-ミツメ「タイムマシン」

 

f:id:titellied:20190619230133j:plain

f:id:titellied:20190619230141j:plain

camera: Nikon FE+Ai Nikkor 50mm/F1.8 film: FUJICOLOR C200

 前投稿で二輪車の話をしたばかりですが、公衆電話って撮りたくなりませんか。

 

titellied.hatenablog.com

 

 

f:id:titellied:20190619230147j:plain

camera: konica RECORDER DD film: FUJICOLOR SUPERIA X-TRA 400

 町から公衆電話はどんどん減って、電話ボックスはWi-Fi基地局に転用されるなんて話もありますがどうなんでしょう。災害時や観光にはとても便利だと思いますし、そんな風景もサイバーパンクっぽくて楽しみではありますが。

f:id:titellied:20190619230153j:plain

camera: konica C35EF film: FUJIFILM 業務用カラーフィルムISO100

 中学生までテレフォンカードと両親の連絡先をパスケースに入れて持ち歩いていた身としては、公衆電話が町から消えるのは少し切ないものがあります。別に子どもは携帯を持ち歩くなと言いたいわけではないので、私の勝手な郷愁です。

 

 なくなったことに気付いているようではもう遅いのです。愛らしいと感じたものには、例えそれがいつでも見られるものであってもシャッターを切っていくべきなのだと思います。

 私のような一般人にできることはそれくらいでしょう。それが社会的に価値あるものであってもなくても。

 

 

 私がブログのアイコンに公衆電話を選んだのも、そんな想いを込めたいからだったのかもしれません。

 

 

 

タイムマシン

タイムマシン

  • ミツメ
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 



どこまでも行けそうな気がするよ

 先日のツイート。↓

 

kiokucamera.com

 

 私がついカメラに収めてしまう被写体が二輪車です。普段からそこまで自転車に乗っているわけでも二輪免許を持っているわけでもないのですが、被写体としては私を惹きつけてやまない魅力があります。

 

f:id:titellied:20190617003002j:plain

f:id:titellied:20190617002955j:plain

camera: konica RECORDER DD film: FilmNeverDie IRO200

 シンプルに横から。

 

f:id:titellied:20190617002958j:plain

camera: konica RECORDER DD film: FUJICOLOR SUPERIA X-TRA 400

 正面とバックショット。

 

f:id:titellied:20190617002952j:plain

camera: konica RECORDER DD film: FilmNeverDie IRO200

 おしりだけ。

 

f:id:titellied:20190617002948j:plain

camera: konica RECORDER DD film: FUJICOLOR SUPERIA X-TRA 400

 ずらっと。

 

f:id:titellied:20190617003137j:plain

camera: konica RECORDER DD film: FUJICOLOR SUPERIA X-TRA 400

 ガソリンで動くやつ。

 

f:id:titellied:20190617003143j:plain

camera: Nikon FE+Ai Nikkor 50mm/F1.8 film: FUJICOLOR C200

 子ども用のやつ。

 

 何故二輪車は私にとって魅力的に見えるのでしょうか。スポークやらマフラーやらメカメカしい部分が剥き出しになっているからでしょうか。

 改めて考えてみて一つ思い浮かんだのは、二輪車というのは基本的に1人乗りであるということです。小、中学生の頃、大人抜きで少し遠くへ行く手段といえば自転車でした。二輪車は最も身近で手軽な自由への翼なのだと思います。私は二輪車そのものだけでなく、その上に乗っている希望とか開放感とか冒険心だとかに夢を見ているのでしょう。

 

 


スカート / 視界良好【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

 

 

 ブログ名はこの曲のタイトルから引用しています。そういえばジャケットは空飛ぶ自転車だったなあと思い出しました。

 

 

 

Canon Autoboy MINI Tを使いこなせ!

 前回の続き。 

titellied.hatenablog.com

 

 大掃除出土カメラ、2台目はCanon Autoboy MINI Tです。

f:id:titellied:20190611233048j:plain

global.canon

 Tはテレと読む。キヤノンのカメラは初めて使いますね…。二焦点ってのも初めてです。あとは縦吊りストラップも初めて使ったのですが、これが良い! プラスチック製で軽いカメラですし、首から下げて持ち歩くのが楽しいです。ボーイスカウトシャツに太めのジーンズを合わせて、フィルムカメラを下げていると90年代風味になってテンション上がります。

 AFコンパクトカメラは結構ピントを外すとの噂も聞くので使うのが不安だったのですが(それで初めてのフィルムカメラはゾーンフォーカスを選びました )、こちらのブログ様を見てすっかりその写りに惚れ込んでしまいました。こってりしていてたまらんです。

torikore.com

 

 そして肝心の撮影結果ですが…。タイトルに「使いこなせ!」とか入れてますが、これは自戒です。はい。レンジファインダーとは別のベクトルで難しかった…。ちなみに焦点距離は全て38mmで撮っております。

 フィルムはフジのX-TRA400です。

 24枚撮り3本入りで買い貯めていたのを使い切ってしまいました。次からは何を常用にしよう…?

 

f:id:titellied:20190611233119j:plain

camera: Canon Autoboy MINI T film: FUJICOLOR SUPERIA X-TRA 400

 赤が眩しい!! お気に入りです。フィルムカメラを始めた当初はこういう写真を志向しておりました。今は淡いのと濃いのどちらもいいなあと思っております。

 

f:id:titellied:20190611233034j:plain

camera: Canon Autoboy MINI T film: FUJICOLOR SUPERIA X-TRA 400

 一方でこんな写真もあったり。でも地面を見るとコントラスト強いですね。

 駅のホームってつい撮りたくなるのですが、タイミングが合わなかったりすることが多いので撮れると嬉しい。

 

f:id:titellied:20190611233041j:plain

f:id:titellied:20190611233038j:plain

camera: Canon Autoboy MINI T film: FUJICOLOR SUPERIA X-TRA 400

 フレーミング難しい…。

 

f:id:titellied:20190611233045j:plain

camera: Canon Autoboy MINI T film: FUJICOLOR SUPERIA X-TRA 400

 どこにピント合ってるんだ?? 夜の商店街の雰囲気が出せたのは気に入っているのですが…。

 

 

 結論:ズバーンとハマると嬉しいけれど、私はまだこの子を乗りこなせていない!! ここには載せていませんが、前回の35DC以上にピント外しまくりました。カメラが悪いのではなくて、私が近距離を狙いすぎたのがいけないのですが…。遠景専用機にすればいいのかしら。

 個人的には、友達との飲み会の風景とかを撮りたくなるカメラです。普段サークルやゼミのイベントにはデジタル一眼レフを持っていくのですが(バカみたいに枚数撮るので)、今度はこの子に36枚撮りを詰めて持っていきたいなあと考えております。最短撮影距離には気をつけます!!(65cm)

 

蘇るOLYMPUS 35DC

f:id:titellied:20190608223205j:plain

 先日、母の実家の大掃除をしました。すると…出てきましたねえ、カメラ 笑 せっかくなのでフィルムを通してみることにしました。

 

1台目はOLYMPUS 35DCです。 

www.olympus.co.jp

 

 初めてのレンジファインダー! レンズが大きい! F1.7! 私が持っている中で一番明るいですね。興奮してきたな(©️サンドウィッチマン)。電池入れ替えてモルト張り替えていざ実写です。 

 余談ですが、最初「シャッターが切れない! 巻き上げレバーが回らない!」と大騒ぎしてしまったのですが、電池を入れていなかったのと、感度が低く設定されていたのが原因でした。電池入れてISO400に設定したら普通に動きました…。

 ちなみに、今回は水銀電池の代用としてLR44にビニールテープを巻いて太らせた物を使用しております。それだけでは厚みが足りないので、さらに電池蓋の凹みにアルミホイルをぎゅうぎゅう詰めて通電させました。その他カメラの仕様はこちらのブログ様に詳しいです。
www.animalracer.com

 

 というわけで撮影結果です。フィルムはフジの業務用100を使用しました。

 

 水銀電池とアルカリボタン電池の電圧が違うため、感度をISO50に設定して撮影しています。

 

f:id:titellied:20190608223159j:plain

camera: OLYMPUS 35DC film: FUJIFILM 業務用カラーフィルムISO100

 オリンパスブルーっていいますが、どうなんでしょう。

 

f:id:titellied:20190608223146j:plain

camera: OLYMPUS 35DC film: FUJIFILM 業務用カラーフィルムISO100

 近すぎたな…。最短撮影距離75cm。

 

f:id:titellied:20190608223154j:plain

f:id:titellied:20190608223150j:plain

camera: OLYMPUS 35DC film: FUJIFILM 業務用カラーフィルムISO100

 フレアってやつでしょうか。これもいわゆるオールドレンズですかね?

 

f:id:titellied:20190608223321j:plain

f:id:titellied:20190608223317j:plain

camera: OLYMPUS 35DC film: FUJIFILM 業務用カラーフィルムISO100

 屋台好きなんだな多分。2枚目ピント甘い気がする。

 

titellied.hatenablog.com

 

f:id:titellied:20190608223312j:plain

camera: OLYMPUS 35DC film: FUJIFILM 業務用カラーフィルムISO100

 失敗カット。謎のコマ被り。他にももう1枚ありました。ただこれの1枚前はちゃんと撮れてるんですよね。隣り合ってないコマの写真が被っている、と表現すればいいのでしょうか。謎です…。

 

 

 ネガではここではお見せできないようなピンボケを連発してしまいました。レンジファインダー難しい!! これでストリートスナップしてる人って凄いなあ…。いや目測か置きピンしてるのか。これは修行の時ですね。苦手意識が芽生えてしまい、一度は寝かせようかとも思ったのですが上達のために!! 意識してフィルムを通しておきたいと思っております!!!!